保育士は給料が高い傾向があることがわかりこれからもお得です

 

保育士になれば安定した収入も得られると思いますから契約内容はよく確認しましょう。

 

時給が高い傾向

 

保育園をはじめ児童福祉施設で派遣といった形で子供たちの世話をする人を派遣保育士と呼びますが、これは必ずしも国家資格を持ってる保育士ではないことも

 

保育士資格が必須条件といった求人が多いですが、保育士資格がない幼稚園教諭などほかの関連資格がある、保育士資格取得を目指し勉強中といった時でも保育補助などで挑戦できます。

 

労働条件について就業条件など派遣元の人材紹介会社から明示されます。

 

そのため直雇用パート、アルバイトと時給が違うといったケースがあります。

 

特徴的なのは派遣なら期間制限があって派遣先の同一の事業所に対し派遣できる期間は原則3年までです。

 

派遣は給料は時給換算で、時給は地域、その方の資格の有無などで変わります。

 

一般的に900~1500円程度。

 

資格があれば時給が高くなるケースが多いです。

 

ライフスタイルに合わせて働く

 

賞与は支給されないところ多くて、正社員と比較して年収が低いことも。

 

交通費について多くの場合は支給され上限など条件も受けられることもあって、契約時しっかり確認してください。

 

正社員と異なり柔軟な働き方が可能で、ライフスタイルに合わせ出勤時間調整や出勤日数を扶養範囲内に抑えたり自分らしい働き方を実現しやすいのが派遣の特徴です。

 

派遣保育士の求人を探すとき複数の方法あります。

 

自分が希望の条件に合うのを見つけるため複数の方法を併用して効率よく探してください。

 

派遣ではたらくには人材派遣会社に登録しなくてはなりませんが、複数の派遣会社あって、どこに登録すればいいかわからないという方が多いです。

 

そうしたときまず派遣保育士求人検索、保育士求人を多く扱う人材派遣会社にどういったところあるかリサーチしてみてください。

 

そして保育士求人を専門に扱う人材紹介会社も派遣求人を扱っています。

 

派遣以外に複数の求人をチェックして働き方を検討したければ相談してみてください。

 

派遣で働くこと決心したら人材派遣会社に登録を。

 

派遣登録時必ずチェックしてもらいたのは自分が派遣といった働き方の仕組みを理解してるかです。

 

時給は高い傾向があって決して悪い条件ではないのでしっかり吟味してください。

 

保育士さんの転職についてはこちらのサイトが役にたつかと思います。

保育士の特徴は専門知識と子供の目線を把握していくこと

 

大人は子供の目線で一緒にいられることが大事になってきます。

 

保育士の仕事は子の目線が大事

 

保育士の仕事は単に子と接するのが大好きといったことだけでは不十分で、毎日いっぱい遊んでも平然としていられる体力、どういったときでも前向きでいられる強い精神など複数の能力を求められたりします

 

そのため実際保育士で就職してみても自分は保育士に向いてるのかと思ってる方が少なくありません。

 

それでは、どういった方が向いてるのか。

 

保育士に向く方の特徴で子と接するのが大好きであることです。

 

子が嫌いな人も保育士資格が取れますが毎日接する仕事ですから、実際続けていくのは難しいはずです。

 

そして、大人が子供と話すとき子の目の高さに合わせて話をしましょう

 

そうしてみれば子供は相手の大人の表情をよく見ることが可能です。

 

そして上から見下ろされれば子どもは大人に対して威圧感覚えて構えてしまうのです。

 

目線が一緒ならその心配なく子供も打ち解けて話しやすくなります。

 

子供の目の高さに目線合わせて話することは保護者として基本中の基本です。

 

いつもニコニコし自然な笑顔を子供たちに向けるといったことができるのも子供に好かれる保育士にみられる特徴。

 

子供は大人がかんがえてる以上周囲の表情にとても敏感です。

 

大人の表情からその気持ちを察知できます

 

無理に明るく振舞ったり子供に媚びる等ご機嫌取りみたいなことは子供の目に不自然でわざとらしい行為に映ります。

 

保育園の子は保育士の笑顔に敏感反応して、不自然な笑顔に違和感を覚えやすいみたいです。

 

社会性を養わせる

 

保育士は保育所以外に複数の児童福祉施設などで働きます。

 

実際ほとんどの人が保育所での勤務を希望していて、保育所の仕事内容は多岐にわたります。

 

子供に基本的な生活習慣身につけさせたり、身の回りの世話したり、集団生活を通し社会性養わせます

 

遊びを通し身心の健やかな発達サポートしたり地域との連携も。

 

保育士は高い専門性や知識を求められて、それゆえ保育士は国家資格になって、専門知識をもちい、保護者に対してアドバイスをしていくことになります。

 

専門知識を使ってアドバイスしたりする仕事だということを覚えておくとよい仕事ができます。

 

 

保育士の資格を取ってとても活用できる場を提供されるはず

 

保育士資格は失効することがないので、これからも有効利用でき施設が増設されると活躍が期待されています。

 

保育士資格は失効しない

 

保育士資格を取れば更新が必要なく失効することもないです。

 

一回取れば生涯有効の一生ものの資格

 

このために勉強した内容は自分の子育ての時役立って女性のキャリアからみて出産がハンデとならない、強みになる職業といえます。

 

保育士は子育てが終わってブランクを経て職場復帰してる人が多いです。

 

女性の社会進出が進んで、子供を保育所に預けて仕事に出る家庭が増えて、保育所ニーズが高くなっています。

 

ですが、都心部は子供を預けたい保護者の数に比べ保育施設数が足りてなくて、待機児童問題が深刻な課題となっています。

 

今待機児童解消で国を挙げて保育施設の増設がすすめられていますが、施設が増えても子を預かる保育士が圧倒的に不足していて依然として待機児童問題が解消されていません

 

生きがいになる保育士

 

そして今日保育士は引く手あまた。

 

保育士の求人はたくさんありますが、まだ子供の預け先が不足してる地域が多くて、今後保育士の求人が増えると思われます。

 

将来少子化がすすみ国の施策で子育て支援に力を入れている動きがあります。

 

子供の教育に力を入れる保護者が多くて、保育知識のある人材や保護者育児支援できる人材として社会的に求められていて、引き続き保育士ニーズは高まると思われます

 

国家資格の割に給料が安いのが問題だったのですが、保育士不足解消で賃金もちょっとづつ上がっています。

 

保育士になるメリットで大きいのはやりがいです。

 

人生で一番楽しいのは子育てです。

 

子供と触れ合って子の反応、成長を身近に感じられるほど楽しいことはないでしょう

 

自分の子でなくても子供からたよりされたり一緒に笑ったりできるのは幸福です。

 

保育士といった仕事はそうした子供の愛くるしさの近くにいられる仕事。

 

子が発する力はどこからみなぎってくるかというぐらい増えていて退屈しないでしょう。

 

まとめ

 

保育士の仕事を語るときデメリットは給料問題です。

 

私立保育園の保育士平均的給与は20万円といわれていて、若い保育士は15~18万円程度で働く状況が多いです。

 

教育に力を入れる保護者も多くなってきて、保育士ニーズが増えてきますからますますこれからの資格取得が盛んになるはずです。

 

 

保育士の育休は制度がややこしいことがある点に注意しておく

 

制度といっても入院費など出費があり注意することが大事です。

 

育休制度をうまく利用すれば得できる

 

正規職員でなくパート・バイトなど非正規雇用で働くとき、産休・育休制度を利用できるか気になります。

 

産休は勤務先が健康保険に加入してる女性職員ならどなたでも取得可能

 

ですが育休は取得に一定条件あるので注意しましょう。

 

日々雇用される場合育児休業取得ができなくて、事業者によっては法律を上回る独自支援制度を取り入れてることもあります。

 

産休に関しての制度や必要手続きは事業者に確認してみてください。

 

検診費用、入院費など妊娠、出産にお金かかります。

 

職場規定によりますが一般的に産休中無給であることほとんどです。

 

休業中の収入補う制度も

 

収入が落ち込む中、毎月の社会保険料など支払い大事です。

 

そのため産休中は健康保険の保険料を徴収されないことになってます。

 

ですが、住民税に関しては産休中も支払わなくてはなりません。

 

給与から天引きできず事業者に支払うので、法を確認の上しっかり支払うようにしましょう。

 

すぐ受け取れるわけではない

 

産休中に収入補ってくれる制度はとても良いものですが、注意したいのは産休に入ったらすぐお金を受け取れるわけではない、という点です。

 

出産手当金は産後5~6日が経過してからの申請が一般的。

 

その時出産から2か月半~4か月たった後初めて手当金支給されます。

 

そして育児休業給付も基本2か月に1回の支給なので、各種手当を生活資金で考えるときは注意しましょう。

 

妊娠中や子どもが産まれたらどうしても今まで通りの働き方を続けることむずかしったりします。

 

事業者が妊娠したこと、育児のための制度を利用したことなどを理由に労働者を解雇したり減給をしたりするのを不利益取り扱いといいます。

 

この扱いを受けたら都道府県労働局に相談してください。

 

保育士は産休が取りにくいといったイメージを持っている保育士も多くいます。

 

公立、私立かの違い、事業所規模、職場人間関係によりますが、制度上整っていてもぎりぎりの人数中で運営する中取得しづらいと感じたり、慣例的に妊娠すれば退職するものといった考えが根付いてたりします。

 

ですが、すべての職場で産休が取りにくい、取れないといったわけではないです。

 

受け取りには条件があって産休制度は少しややこしかったりしますから、下調べはしておきましょう

 

 

保育士が慢性的な人手不足になってしまう理由について

 

保育士といえば子どもに人気のある職業の1つであり、大学や短大や専門学校といった養成機関に通う人も多いです。

 

そのため毎年多くの人が保育士の資格を取得して就職するものとされています。

 

しかしながら現在多くの保育園において保育士が不足している状態になっています。

 

このような保育士の人手不足が起きる理由については大きく2つのことが挙げられます。

 

保護者への対応が難しくなっている

 

近年学校に対してさまざまなクレームをつけるモンスターペアレントが問題になっていますが、保育園に関しても同様に保護者からのクレームが後を絶たない状態になっています。

 

保育士は子どもの保育をするだけでも大変な業務ではありますが、そこに保護者へのクレーム対応が入ってくると帰宅時間が遅くなったりどのように対応していいかわからないという悩みを抱えてしまいます。

 

本来であれば他の職員に相談できるといいのですが、他の職員も自分の業務に追われてしまって対応できないことも多く、保護者への適切な対応ができない状態になった結果、保育園の職場を去る保育士が後を絶たず、人手不足を招いているのです。

 

子育て世代の保育士が働きづらい環境にある

 

保育士の資格を所有しながら実際には保育園で勤務していないという人は数多くいます。

 

その大きな理由の1つとして、今育児中で自分の子どもを預けて仕事に就きにくい環境になっているということが挙げられます。

 

保育士の勤務については園によっては朝早くから夜遅い時間までとなっているところも多いものの、自分がそのような勤務体系に合わせて働こうとしたら自分の子どもを預ける保育園が見つからなかったということが多いです。

 

また子どもが急な病気になったら自分が看病のために休まなければいけないことになりますが、特に担任を持っている場合には簡単に休むことができないため子育てと両立して勤務するのはとても難しいものなのです。

 

この子育て世代が保育士として簡単に就業できる状態になれないことは、保育士の人手不足の大きな原因の1つとなっているのです。

 

まとめ

 

保育士が人手不足になる理由はいくつかありますが、現在保育園を増やすという対策は取っているものの保育士の資格を持っている人が働きやすいような環境が整備されていないことから解消はなかなかできない状態です。

 

なので今後は保育士の人手不足を解消する対策を保育園を増やす対策と並行して行うべきです。