保育士の特徴は専門知識と子供の目線を把握していくこと

 

大人は子供の目線で一緒にいられることが大事になってきます。

 

保育士の仕事は子の目線が大事

 

保育士の仕事は単に子と接するのが大好きといったことだけでは不十分で、毎日いっぱい遊んでも平然としていられる体力、どういったときでも前向きでいられる強い精神など複数の能力を求められたりします

 

そのため実際保育士で就職してみても自分は保育士に向いてるのかと思ってる方が少なくありません。

 

それでは、どういった方が向いてるのか。

 

保育士に向く方の特徴で子と接するのが大好きであることです。

 

子が嫌いな人も保育士資格が取れますが毎日接する仕事ですから、実際続けていくのは難しいはずです。

 

そして、大人が子供と話すとき子の目の高さに合わせて話をしましょう

 

そうしてみれば子供は相手の大人の表情をよく見ることが可能です。

 

そして上から見下ろされれば子どもは大人に対して威圧感覚えて構えてしまうのです。

 

目線が一緒ならその心配なく子供も打ち解けて話しやすくなります。

 

子供の目の高さに目線合わせて話することは保護者として基本中の基本です。

 

いつもニコニコし自然な笑顔を子供たちに向けるといったことができるのも子供に好かれる保育士にみられる特徴。

 

子供は大人がかんがえてる以上周囲の表情にとても敏感です。

 

大人の表情からその気持ちを察知できます

 

無理に明るく振舞ったり子供に媚びる等ご機嫌取りみたいなことは子供の目に不自然でわざとらしい行為に映ります。

 

保育園の子は保育士の笑顔に敏感反応して、不自然な笑顔に違和感を覚えやすいみたいです。

 

社会性を養わせる

 

保育士は保育所以外に複数の児童福祉施設などで働きます。

 

実際ほとんどの人が保育所での勤務を希望していて、保育所の仕事内容は多岐にわたります。

 

子供に基本的な生活習慣身につけさせたり、身の回りの世話したり、集団生活を通し社会性養わせます

 

遊びを通し身心の健やかな発達サポートしたり地域との連携も。

 

保育士は高い専門性や知識を求められて、それゆえ保育士は国家資格になって、専門知識をもちい、保護者に対してアドバイスをしていくことになります。

 

専門知識を使ってアドバイスしたりする仕事だということを覚えておくとよい仕事ができます。