保育士の資格を取ってとても活用できる場を提供されるはず

 

保育士資格は失効することがないので、これからも有効利用でき施設が増設されると活躍が期待されています。

 

保育士資格は失効しない

 

保育士資格を取れば更新が必要なく失効することもないです。

 

一回取れば生涯有効の一生ものの資格

 

このために勉強した内容は自分の子育ての時役立って女性のキャリアからみて出産がハンデとならない、強みになる職業といえます。

 

保育士は子育てが終わってブランクを経て職場復帰してる人が多いです。

 

女性の社会進出が進んで、子供を保育所に預けて仕事に出る家庭が増えて、保育所ニーズが高くなっています。

 

ですが、都心部は子供を預けたい保護者の数に比べ保育施設数が足りてなくて、待機児童問題が深刻な課題となっています。

 

今待機児童解消で国を挙げて保育施設の増設がすすめられていますが、施設が増えても子を預かる保育士が圧倒的に不足していて依然として待機児童問題が解消されていません

 

生きがいになる保育士

 

そして今日保育士は引く手あまた。

 

保育士の求人はたくさんありますが、まだ子供の預け先が不足してる地域が多くて、今後保育士の求人が増えると思われます。

 

将来少子化がすすみ国の施策で子育て支援に力を入れている動きがあります。

 

子供の教育に力を入れる保護者が多くて、保育知識のある人材や保護者育児支援できる人材として社会的に求められていて、引き続き保育士ニーズは高まると思われます

 

国家資格の割に給料が安いのが問題だったのですが、保育士不足解消で賃金もちょっとづつ上がっています。

 

保育士になるメリットで大きいのはやりがいです。

 

人生で一番楽しいのは子育てです。

 

子供と触れ合って子の反応、成長を身近に感じられるほど楽しいことはないでしょう

 

自分の子でなくても子供からたよりされたり一緒に笑ったりできるのは幸福です。

 

保育士といった仕事はそうした子供の愛くるしさの近くにいられる仕事。

 

子が発する力はどこからみなぎってくるかというぐらい増えていて退屈しないでしょう。

 

まとめ

 

保育士の仕事を語るときデメリットは給料問題です。

 

私立保育園の保育士平均的給与は20万円といわれていて、若い保育士は15~18万円程度で働く状況が多いです。

 

教育に力を入れる保護者も多くなってきて、保育士ニーズが増えてきますからますますこれからの資格取得が盛んになるはずです。