保育士の育休は制度がややこしいことがある点に注意しておく

 

制度といっても入院費など出費があり注意することが大事です。

 

育休制度をうまく利用すれば得できる

 

正規職員でなくパート・バイトなど非正規雇用で働くとき、産休・育休制度を利用できるか気になります。

 

産休は勤務先が健康保険に加入してる女性職員ならどなたでも取得可能

 

ですが育休は取得に一定条件あるので注意しましょう。

 

日々雇用される場合育児休業取得ができなくて、事業者によっては法律を上回る独自支援制度を取り入れてることもあります。

 

産休に関しての制度や必要手続きは事業者に確認してみてください。

 

検診費用、入院費など妊娠、出産にお金かかります。

 

職場規定によりますが一般的に産休中無給であることほとんどです。

 

休業中の収入補う制度も

 

収入が落ち込む中、毎月の社会保険料など支払い大事です。

 

そのため産休中は健康保険の保険料を徴収されないことになってます。

 

ですが、住民税に関しては産休中も支払わなくてはなりません。

 

給与から天引きできず事業者に支払うので、法を確認の上しっかり支払うようにしましょう。

 

すぐ受け取れるわけではない

 

産休中に収入補ってくれる制度はとても良いものですが、注意したいのは産休に入ったらすぐお金を受け取れるわけではない、という点です。

 

出産手当金は産後5~6日が経過してからの申請が一般的。

 

その時出産から2か月半~4か月たった後初めて手当金支給されます。

 

そして育児休業給付も基本2か月に1回の支給なので、各種手当を生活資金で考えるときは注意しましょう。

 

妊娠中や子どもが産まれたらどうしても今まで通りの働き方を続けることむずかしったりします。

 

事業者が妊娠したこと、育児のための制度を利用したことなどを理由に労働者を解雇したり減給をしたりするのを不利益取り扱いといいます。

 

この扱いを受けたら都道府県労働局に相談してください。

 

保育士は産休が取りにくいといったイメージを持っている保育士も多くいます。

 

公立、私立かの違い、事業所規模、職場人間関係によりますが、制度上整っていてもぎりぎりの人数中で運営する中取得しづらいと感じたり、慣例的に妊娠すれば退職するものといった考えが根付いてたりします。

 

ですが、すべての職場で産休が取りにくい、取れないといったわけではないです。

 

受け取りには条件があって産休制度は少しややこしかったりしますから、下調べはしておきましょう